スポンサーリンク

【ズボラ料理】本当に料理が苦手な人でも簡単にできるメニュー③〜市販品を上手に活用しよう〜

生 活

こんにちは!ぶらうにー♪(@uniika_8256)です。

料理が苦手な人にとっては毎日3食の食事の支度は本当に苦痛ですよね。

私は食べるのは好きなのですが料理は得意ではないので毎日つらいです。

その結果、20年の主婦生活で数々のズボラ料理を編み出してきました。

今回は市販品を使ったズボラ料理をご紹介します。

ぶらうにー
ぶらうにー

本当にズボラ料理だから簡単だよ!

ミートソース

スパゲッティといえばミートソースが思い浮かぶほど日本ではポピュラーなメニューですね。

<用意するもの>

①レトルトパックまたは缶詰めのミートソース

②挽き肉

・フライパンに油を敷き挽き肉を炒める

・レトルトパックか缶詰めのミートソースを入れる

・ソースとケチャップで味を整える

これだけです。

ぶらうにー
ぶらうにー

かなり肉々しいミートソースになるので子どもは喜ぶよ〜♪

麻婆豆腐

<用意するもの>

①麻婆豆腐のもと(丸美屋のとかでOK)

②挽き肉

③長ネギまたはニラ

④豆腐

・フライパンに油を敷き挽き肉を炒める

・長ネギまたはニラを食べやすい大きさに切りフライパンへ入れ少し炒める

・あとは麻婆豆腐のもとに書いてある作り方の通り作ればOK

餃子バーグ

我が家では餃子のタネを皮に包まずにハンバーグ状にして焼くものを餃子バーグと呼んでいます。

<用意するもの>

①豚挽き肉

②市販品の餃子用野菜パック

・豚挽き肉に塩を少々入れ粘り気が出るまでこねる

・餃子用野菜を投入

・醤油、生姜、ごま油を投入

(にんにくが嫌いな子どもがいるので入れませんが、お好みでにんにくも入れると美味しいと思います)

・ハンバーグ状に形を整える

・フライパンで焼く

我が家はみんな大食いで普通に餃子を作ると100個ぐらい包まないといけないので、めんどくさくなってハンバーグ状にして焼いてみたところ子どもに好評でしたのでローテーション入りしました(笑)

チキンのカレーソース煮込み

<用意するもの>

①鶏モモ肉

②レトルトのキーマカレー

・鶏モモ肉を食べやすい大きさに切ってフライパンで両面に焼き目をつけます。

・水またはお酒少々を入れ蓋をしてしばらく蒸します。・

・レトルトのキーマカレーを入れしばらく煮込みます。

これは友人に教えてもらったレシピですが、子どもたちも大好きです。

作るのもかなり簡単なので私も楽々です♪

ミネストローネ(もどき)

<用意するもの>

①トマトの缶詰め

②ベーコン(食べやすい大きさに切る)

③玉ねぎ、人参、キャベツ、ジャガイモなどの野菜(ざく切りでOK)

④コンソメスープのもと

・鍋に野菜を入れて炒めます。

・その鍋にお水を入れます。

・コンソメスープのもとを入れます。

・少し煮込んでからベーコンを入れます。

・トマトの缶詰めを鍋の中に入れます。

・塩、コショウで味を整えます。

子どもたちはあまり野菜を率先して食べないので、野菜の補給したいなーというときはミネストローネを作ります。

翌日にも残っていたらご飯の上にかけてリゾットにします。

ぶらうにー
ぶらうにー

お野菜とベーコンの旨味が出て美味しいよ♪

キャベツと塩こんぶの浅漬け

<用意するもの>

①キャベツ

②塩こんぶ

③ごま油

・キャベツを食べやすい大きさに切ります。

・お好みの塩気になるまで塩こんぶを入れ、混ぜ混ぜモミモミします。

・ごま油を少々入れ混ぜます。

おかずがあと一品足りないな〜というときの救世主です!

終わりに

ズボラ料理シリーズ第3弾の今回は市販品を活用したズボラ料理をご紹介しました。

市販品を賢く使うことでズボラでも子どもが喜ぶ料理が作れます!!

だいたいにおいて煮込み料理はぶっこんで煮るだけなので、材料を切るめんどくささを乗り越えてしまえば楽ですね(笑)

ぶらうにー
ぶらうにー

どれも簡単なので試してみてね〜♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました