【子育てがつらい人へ】がんばるのをやめてみましょう。

子育て

はじめまして!ぶらうにー♪(@uniika_8256)です。

小さい子供を育てているとうまくいかないことだらけでいろいろと悩んでしまいますよね。

今までスムーズにこなせていた家事を上手にこなすことができなくなって自分はダメ人間なんじゃないかと思ってしまっていませんか?

私も新米ママの頃はそんなことをよく考えていたのですが、自分の前に置くハードルを下げたことで日々リラックスして子供と過ごすことができるようになりました。

ぶらうにー
ぶらうにー

家事や育児が得意じゃなくても大丈夫ですよ♪

子供ってわけがわからない

自分の子供というのはとってもかわいいものですよね。寝ている顔を見ているとまるで天使のよう。

でも、子供の年齢が低ければ低いほどわけのわからない生き物でもあります。

特に生まれたばかりの赤ちゃんなどは「泣いている」か「泣いていない」状態しかありません。

泣くことでしか自分の不快を伝えることができないのです。

その反面、誰かがお世話してあげないと生きていけないいじらしい存在でもあります。

生まれてからずっと無表情だった赤ちゃんがママのほうを見て初めて微笑んだとき、なんとも言えない幸福感でいっぱいになります。

赤ちゃんがだんだん成長していくと表情や泣き方などで気持ちを表現するようになってきますが、これを判別するのは非常に難しいです。

これがわかるようになった頃には新米ママは卒業ですね!

子育てに正解はない

子育て中にわからないことに出会ったとき多くのママはググったり育児書を読んだり親や先輩ママに相談したりします。

壁にぶち当たるたび答えを探しそこで得た知識を試してはまた調べの繰り返しです。

どんな育児書にも、絶対にどの子供にも当てはまる正解は書いてありません。育児書に書いてある内容は統計的に多くの子供に当てはまる解決法です。

親や先輩ママに聞いた話は「実体験に基づいた解決法」です。その解決法で解決する場合もあるでしょうし残念ながら解決しない場合もあるのです。

ではなぜ解決しないときがあるのでしょうか。

それは、ひとくくりに「子供」といっても同じ子供は絶対にいないからです。

世界中探しても全く同じ人間など存在しませんよね。一卵性双生児だと顔も性格もよく似ていることはありますが、それでも全く同じ人間などではありません。

それぞれがそれぞれの体質や性質・気質そして個性を持って生まれてきた全く別々の人間なのです。

だから子育てに日々悩むママさんも、育児書や他の人から聞いた内容を試してうまくいかなくても落ち込むことはありません。

じっくりと時間をかけて自分の子供にあった解決法を探していけばいいのです。いつか必ず見つかるはずです。

子育て中の家事はたいへん!

子供が生まれるまでは働いていてもいなくても、工夫次第で自分の担当分の家事をスムーズにこなしていくことはできるものです。フルタイムで働いているなら食洗機を購入したり旦那さんと分担したり。

専業主婦の場合は家事のほとんどは妻の役割かもしれませんし、中には旦那さんのお世話も子供のお世話をするようにびっちりとしないといけない人もいるかもしれませんね。

でも子供が生まれる前は、段取りを考えたり優先順位を決めて行動することで一日のタスクをこなしていけるでしょう。

子供が生まれてからは思うように事は運びません。

なぜなら、子供に合わせたスケジュール・生活リズムで毎日を過ごしていかなければいけなくなるからです。

家事をしていても食事をしていても子供が泣いたりぐずったりすれば中断しなければいけないのですからなかなかはかどらずにストレスがたまりますよね。

しかも、子供が寝ている間に家事をやってしまおうと思っていたらいつもより早くお昼寝から目覚めたり夜泣きしたりして、家事がはかどらないのはよくあることです。

あなたはダメ人間などではありません。毎日愛する家族のために奮闘するがんばっているママです!

毎日よくがんばっていますね、本当にお疲れ様です。

がんばっている自分を自分で褒めてあげてくださいね。

でもなるべくならストレスはためたくないし、できることなら子供の前ではニコニコと笑っているママでいたいですよね。ストレスをためないためには日々リラックスして過ごすこと、これが重要なんです。

子育て中はがんばらない

掃除は毎日しなくても生きていけます。食事は多少質素でもいいし、買ってきたお惣菜でもいいと思います。

多少今までより出費が増えますが子育て中は仕方ないと割り切ってしまいましょう。生きていくための必要最低限ができていればそれでいいのです。だって子育てはたいへんなのですから。

子供が寝ている間に家事をがんばってこなしたい気持ちはわかりますが、思い切って子供が寝ている時間は自分の自由時間にしてみませんか?

ゆっくりとコーヒーや好きなドリンクを飲むだけで、読みたい本や漫画読むことで、心地よい音楽を聞くことで、ゆっくりとお風呂に入ることで、子供と一緒に寝てしまうことで、今まで慌ただしく過ごしていたママの生活に幸せな時間がおとずれます。

ほんの束の間の自由時間でもママの心はちゃんと癒やされますし、リラックスすることができるのです。

ストレスから開放されてまたエネルギーが復活してきたらがんばればいいのです。

終わりに

子供たちは、がんばって何事も完璧にこなすけど笑っていないママより多少の手抜き息抜きはしてもニコニコと笑っているママのほうが大好きです。

お腹の中にいるときから繋がっていたのですからママが笑えば子供も楽しい気持ちになり、ママが怒っていれば不安になり、ママがピリピリしていれば、子供もピリピリとした緊張状態になります。

いかにリラックスしてニコニコママでいるか、それは「がんばらないこと」が大切です。

自分で自分の目の前に置いたハードルの高さを思い切って下げてみましょう!

そして、あなたも今日から束の間の自由時間を満喫してみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました